DV・モラハラに対する慰謝料相場

MENU

DV・モラハラに対する慰謝料相場

DVやモラハラによる離婚というのも、近年増えているケースです。
実はDVやモラハラによる離婚の場合でも慰謝料を請求できる場合があるのです。
本稿では、DV・モラハラの定義、慰謝料の相場、慰謝料を高くするために必要なことを書いていきます。

 

DV・モラハラとは

DVとは、「ドメスティック・バイオレンス」の略称で、家庭内暴力のことです。
条文上では、暴力というカテゴリーが明確に存在するわけではありませんが、民法770条1項5号に定める、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当すると考えられます。

 

モラハラとは、「モラルハラスメント」の略称で、相手が嫌がるような態度や言動をわざと取ることで、精神的な嫌がらせを行う行為のことです。
DVにしろ、モラハラにしろ、被害を受け続けると、精神的に疲弊して考えられなくなってくるので、耐えられないと思ったら、すぐに別居することをおすすめします。

dv

慰謝料の相場

慰謝料の金額は、示談によって決まる場合と、調停や裁判によって決まる場合があります。
示談の場合は、その話し合い(離婚協議)でお互いに合意した金額が支払われ、調停や裁判になった場合は、調停委員や裁判官が事情を考慮して決定します。
過去の判例を見ると、数十万円〜500万円で大半のケースにおいて解決しているようです。

慰謝料を高くするために必要なこと

慰謝料を少しでも多くもらうためには、様々な条件が必要です。

相手の事情

dv

・結婚していた期間が長い

・収入や資産が多い
・社会的な地位が高い職業についている
・年齢が高い
・扶養義務のある子供がいる

 

などがあります。

 

程度による事情

別居

・期間、回数が多い

・別居期間が長期
・離婚や慰謝料の交渉を提案したが拒絶している

 

などがあります。

 

その他、DV・モラハラにおいて認められやすい証拠

・怪我の状況が分かりやすい画像や写真
・診断書

 

怪我

怪我の程度が軽度であれば離婚は認められにくくなります。

モラハラの場合は、身体的被害がどうしても見えにくくなってしまいます。
なので例えば、相手からモラハラを受けたことでうつ病などの精神患者になった場合であれば、診断書が有効な証拠になります。

 

その他にも過去に受けた言動を録音、もしくはパソコンやノートに残しておくことも重要な証拠になります。
結果、証拠が一番大事ということです!